今話題沸騰中!【低音ドライヤー】選びガイドライン

低温ドライヤー★おすすめランキング!

話題沸騰中の低温ドライヤーの選び方!

低温ドライヤー★おすすめランキング!最近では美容家電の種類が増えています。技術の進歩により、「ドライヤー(低温トリートメントドライヤー)」もさまざまな種類が出ていますよね。

 

マイナスイオンが出たり、素早く乾くタイプなどなど。

 

そんな中、ドライヤーで今注目を集めているのが『低温ドライヤー』です。

 

低温ドライヤーのメリットはたくさんあります。

 

  • 早く乾きやすい
  • サラサラに仕上がる
  • まとまりがいい
  • 髪をセットしやすい

 

などなど。しかも、高温に比べて髪への負担も軽減できるので、髪にもやさしそうですよね。

 

さまざまなメーカーから低温ドライヤーが登場しています。その中から、当サイトでは、人気の製品をピックアップしました!

 

クチコミ情報をもとに、評判のいい低温ドライヤーをご紹介いたします。

 

低温ドライヤー ランキング

ヒートケア60

低温ドライヤー★おすすめランキング!

おすすめポイント!

ヒートケア60は、髪美人育成プロジェクトの商品になります。低温ドライヤーの定番であり、クチコミでも大好評!

 

2万人の声をもとに作られているドライヤーで、女性のわがままが詰まっています。髪から15センチ離して最適な60℃の温度をキープ。低温であるため、10センチほど近づけても髪もヤケドしませんし、いためません。

 

低温だけでなく、赤外線効果もあるため、髪の水分を飛ばさないように乾かすことができます。クチコミでは、「乾きが早い」「髪がまとまりゃすくなった」など、髪質の変化実感の声が寄せられています。

 

しかも、30日以内なら全額返金保証なのでお気軽にお試しいただけます。アンケート回答を利用するとなんと5,000円割引きに。

商品価格 19,800円

公式サイトへ

ヤーマン スカルプドライヤーロゼ

低温ドライヤー★おすすめランキング!

おすすめポイント!

ヤーマン スカルプドライヤーロゼは、多くの人の髪に関する悩みを解決するために開発されています。美容機器のパイオニアであるヤーマンの商品で、60度のちょうどいい温度設定になっています。

 

10センチほどの距離で使うようにすると、髪に最適です。クチコミでも、「髪にコシが出てきた」「サラサラの仕上がり」などの好評。マイナスイオンで静電気を抑える働きもあり、付属ブラシもありスカルプケアにもなります

 

今なら、1,500円オフで購入できるチャンス!詳しくはリンク先をご覧ください。

商品価格 21,000円

公式サイトへ

パナソニックのEH-NA98

低温ドライヤー★おすすめランキング!

おすすめポイント!

パナソニックがお届けする低温ドライヤー。「EH-NA98」は、ナノイー&ミネラルイオンのW効果があるドライヤーになっています。ナノイーには髪に潤いを与える作用があり、マイナスイオンは髪をサラサラに。

 

女性に嬉しい美髪効果が期待できる低温ドライヤーならこれ。クチコミでは、上記の実感力の他、「乾きが早い」「ぱさつかない」などの満足の声が寄せられています。

 

温風は60℃設定で、スカルプモードにすることおできます。保証期間は1年で、パナソニックならではの修理サービスもあります。

商品価格 22,464円

公式サイトへ

抜け毛・薄毛対策にも!低温ドライヤーのスカルプケア効果

低温ドライヤー★おすすめランキング!低温ドライヤーが最近注目されている理由のひとつが、「スカルプケア」です。

 

スカルプケアとは、簡単にいうと、抜け毛予防の頭皮ケアのことです。

 

よくスカルプシャンプーなどを目にしますよね。それのドライヤー版といえるのが、低温ドライヤーです。

 

スカルプケアの方法としては、マッサージやヘッドスパもありますが、ドライヤーにも着目してみましょう。

 

頭皮を傷めないように色んなケアをしていても、ドライヤーが悪いと台無しになるかもしれません!

 

シャンプー後は、髪は「タオルドライがいい」や「自然乾燥させるといい」など、色々な説が出ていますが、ドライヤーの使い方やドライヤーの種類によっても頭皮に影響します。

 

一般的にドライヤーを使うときは温度が高めですよね。その熱風が頭皮に当たることで、皮膚に強い刺戟を与えて、皮脂や水分が蒸発し、頭皮が乾燥しやすくなります。肌と同じで頭皮も乾燥するとバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなります

 

さらに頭皮の中にある毛根や毛細血管にダメージを与えてしまうこともあります。髪が濡れているときにドライヤーをすると、急激に表面温度が上昇してしまうこともあります。

 

大体100℃以上になると、髪のタンパク質が脂質に変質してしまい、キューティクルが剥がれてパサパサ髪になってしまいます。ツヤも失われて美髪ではなくなってしまいます。

 

このように、ごく一般的なドライヤーは頭皮にダメージを与えてしまうので、低温ドライヤーが選ばれています。低温ドライヤーなら、文字通り低温で髪の水分をちょうどよく乾かしていくことができます

 

頭皮へのダメージを防ぐことからスカルプケアになります。また、スカルプケアを意識して機能が充実している低温ドライヤーもあります。

低温ドライヤーが今話題のワケとは?

低温ドライヤー★おすすめランキング!シャンプーやトリートメントだけでなく、ヘアケアにはドライヤーも重要。美容ケアの一種として、低温ドライヤーも今注目されています

 

美髪への意識度も高くなり、低温ドライヤーが話題になっています。

 

皆さんは髪を洗ったあと、どうしていますか?

 

お風呂上りは髪が濡れたまま放置しているのは、髪によくありません。だからといって、従来のドライヤーのように熱風をいきなり使い、髪を乾かすのも髪にも頭皮にもよくありません

 

しかも、ロングヘアや髪のボリュームが多い人は、なかなか乾きにくくて、ドライヤーもいやになってしまいませんか。

 

低温ドライヤーは、そんな悩みにピッタリの性能になっています。従来のドライヤーは大体温度設定が100℃以上になっています。

 

髪は濡れたあと高温で一気に乾かすと、急激に表面温度が上昇します。そして、髪が100℃以上になると、キューティクルが失われてツヤがなくなります。いわば、髪がヤケドを負った状態になってしまうのです。

 

当然ながら髪が傷んでしまいますし、根元に比べて毛先の色が変わったり、枝毛などの原因にもなります。

 

低温ドライヤーの場合は、温度が大体60℃くらいになっています。これは、髪から10~15センチ離した距離から最適な温度です。低温であるため、頭皮にもキューティクルにも影響を与えることがありません。

 

そのため、美髪効果にも期待できますし、キレイな髪を守るために良いドライヤーとして注目されています。頭皮環境に良いので、スカルプケアにもなります。

 

ちなみに低温ドライヤーというと、髪が乾きにくいイメージがあるかもしれません。

 

しかし、従来のドライヤーのように温度のばらつきもなく、低温ドライヤーの方が広範囲を短時間で乾かすことができ、時短にもなります。

 

仕上がりにまとまりも出やすいので、朝の忙しい時間にも合いますし、もちろん夜の美髪ケアにもピッタリです。

低温ドライヤーのメリット

低温ドライヤー★おすすめランキング!近年はさまざまな美容家電が登場していますが、今注目されているのが低温ドライヤーです。

 

なぜ注目度が高くなっているのかといえば、利用者からのクチコミ評価が高いからです。

 

低温ドライヤーには、今までの高温のドライヤーにはなかったメリットがたくさんあります。

 

  • 適温でばらつきがなく、広範囲にわたって乾きやすい
  • 素早く乾いて時短になる
  • スカルプケアに良い
  • 頭皮やキューティクルを傷めない
  • 髪がサラサラ、ツヤが出るなど美髪効果が期待できる

 

などなど!

 

低温ドライヤーで勘違いされやすいのが、髪の乾きやすさについてです。

 

高温のドライヤーに比べると、なんとなく髪が乾きにくいイメージがありますが、実際には低温ドライヤーの方がバランスよく髪にちょうどいい温度を最適な風量をあてるため、髪が乾きやすいのです。そのため、時短にもなるメリットがあります。

 

なによりも美髪効果がスゴイんです。普段ドライヤーを使っていて、仕上がりがパサついたり、まとまらない、キューティクルの状態が悪い、髪の毛の色が変わった(ヤケド)などの悩みはありませんか。

 

このような悩み対策、解決にもなるのが低温ドライヤーです。今や、低温ドライヤーは一台欲しい美容アイテムです。

低温ドライヤーで美髪へ

低温ドライヤー★おすすめランキング!皆さんもドライヤーは持っていますよね。

 

ロングヘアの人はもちろん、ショートヘアの人でもドライヤーは髪のために必須のアイテムです。

 

髪洗ったあと、「自然乾燥が良い」というウワサもありますが、ドライヤーを使った方が良いという話が有力です。

 

ドライヤーをしないと、においの元になったり、髪にストレスという名のダメージを与えてしまいます。しかし、ドライヤーによっては、髪に負担をかけることも。

 

美髪のためにドライヤーを使うにしても、従来のドライヤーのように高温のドライヤーでは、熱風が頭皮や髪自体にダメージを与えてしまいます。抜け毛の原因を作ったり、髪がヤケド状態になり髪が変色することもあります。さらに枝毛などの髪のダメージの元になります。

 

そこで、新トレンドアイテムとして今人気なのが、低温ドライヤーです。従来のように熱い風ではなく、最適な温度の風で髪を乾かすアイテムです。

 

低温ドライヤーなら髪を傷めることもありませんし、意外かもしれませんが髪の乾きも早いので、長いこと髪に風をあてなくて済むことからも髪に良いと言われています。

低温ドライヤーは髪が乾きやすい?

低温ドライヤー★おすすめランキング!低温ドライヤーの温度は大体60℃になっています。髪から10センチから15センチほどの距離で、最適な温度とされています。従来のドライヤーは大体温度が100℃以上あるとされています。

 

この温度の違いから、低温ドライヤーは頭皮や髪にやさしくても「髪が乾きにくそう、時間がかかりそう」というイメージをもたれやすいです。しかし、それは間違いです!

 

実際には、従来のドライヤーは髪全体に届く温度にばらつきがあるため、低温ドライヤーの方が全体的に乾かしやすいとされています。

 

ロングヘアの人はとくにドライヤーに時間がかかりますし、髪のボリュームが多い人も大変ですよね。ドライヤーの時間が長くなる分、髪への負担もかかりそうですし、それ以上に暑くて時間もかかって面倒くさいものです。その点でも、低温ドライヤーにはメリットがあります。

 

低温とはいえ、多くの風量が広範囲に安定した広がりをみせるため、実は乾きやすいのです。ある情報では、髪が乾くまでの時間が大体2分くらい早くなったそうです。

 

時短というメリットもあるため、低温ドライヤーはおすすめです。美髪を目指すためには時間がかかるものですが、低温ドライヤーなら髪が乾きやすいので時短にもなります

低温ドライヤーの基本の使い方について

低温ドライヤー★おすすめランキング!一般的にドライヤーをするときは、髪全体に風をあてて、手ぐしで左右・前方と全体的に動かしながら使いますよね。

 

従来のドライヤーは大体温度が100℃以上あり、一点に集中すると、そこの部分がヤケド状態になりますし、キューティクルも失われます。それを防ぐためにも、髪を全体的にかきみだすように動かしながら使わないとなりません

 

一方、低温ドライヤーは左右にせわしなく動かしながら使う必要がありません

 

大体60℃ほどと低めの温度設定とはいえ、風量が多く、その分広範囲にわたって風が行き届きます。ですから、せわしなくドライヤーを動かさなくても広範囲を短い時間で乾かすことができます。

 

ただし、低温だからといって髪に近づけすぎないように気を付けてください。60℃というのは、大体髪から10センチほど離れた部分から最適な温度です。ですから、少し離した状態で使うようにしましょう。

 

また、使い分けもできます。数段階の温度設定があるので、髪の毛を乾かすためか、セットのためかなど用途にあわせて使い分けてお使いください

▲TOP